嬉しかったお土産

お土産を選ぶのって難しいですよね。色んな人に渡すから外したくないし、かといって無難すぎるのもつまらないし…と、帰省の度に悩んでしまいます。
先日、ちょっといいなと思っている男の子が、京都旅行のお土産を持ってきてくれました。袋を開けてみると、中身は定番の八つ橋。でも、パッケージがものすごく可愛いんです。ピンクや水色を基調としたパステルカラーの箱に、清少納言の枕草子の一節が書かれていました。春はあけぼの、夏は夜、秋は夕暮れ、夜はつとめて…。読むだけで癒されました。
彼自身は、「活字は嫌い」と豪語するスポーツマンなのですが、私は小説が大好きです。以前、彼と話したときに、「趣味は読書かな」と言ったことを、彼は覚えていてくれたのかもしれません。
女の子が喜ぶポイントを抑えたお土産だなあ、彼はモテるだろうなあとしみじみ思った一日でした。八つ橋は食べ切ってしまいましたが、可愛いパッケージの写真は、スマートフォンのデータフォルダに大切に保存しています。

大人になってやってみると、折り紙って案外面白いものですね

最近、折り紙にハマっています。少し古臭いかとも思うのですが、100円も出せば可愛い柄や色の折り紙が何枚も買えて、気軽に息抜きできるので密かな趣味になっています。子供の頃はよく遊んでいたのでしょうが、大人になると作れる作品も幅が広がって、今になってみれば奥の深い世界だったんだなあと昔を振り返ってみたりして…。難しい作品に挑戦して綺麗に折れた時は、思わずにっこりしてしまったり。仕事の休憩時間にも、簡単に持っていけるので便利で楽しいです。また、いくつものパーツを組み合わせてくす玉を作るのにも挑戦しています!一つ一つ折るのは簡単でも、組み合わせるのは難しかったりして意外と頭を使うんです。形だけでなく色の組み合わせや柄のことも考えると、選択肢が幾つもあってなかなか飽きずに続けられます。次は何を作ろうかな、と考えるのも含めて楽しいですよ!準備もあまり必要ないし、時間もかからないのでちょっとのんびり、息抜きしたい時にぴったりでハマってしまっています。

ストレス発散!自由気ままに、1人カラオケ

私はカラオケが好きです。みんなと行くのも好きなのですが、緊張してしまって、もっと大きい声を出して歌ったり、本気で歌いたくても出来なかったりするので、逆にストレスが溜まってしまいます。なので1人で行くカラオケが最高に楽しいです。
自分の好きな歌を思う存分何回でも歌ったり、本人になりきって歌ったり踊ったりしています。
私は採点機能を必ず使います。精密採点にしたいのでLIVE DAMを頼みます。結構こだわっています。
それで、1つの曲で、どこまで点数上げられるか、どうやったら高音が出るのか、どうしたらビブラートが出来るのかなど、家でも調べていって、試してもくもくと点数を上げるのが、楽しいです。
それで最高記録とか出ると、もっと上を目指したくなります。最初に大声を出すので最後のほうは、のどが痛くなったり、ガラガラします。でも、それも一つの嬉しさ?でも
あります。
喉の負担を少しでも減らすために、ドリンクは、ウーロン茶か、お茶しか飲みません。徹底してます。
やめるのも、休憩するのも、どんなに大声出すのも、自分の自由なので、かなりおすすめの趣味です。

漫画サイト

昔は漫画サイトといえば、一次創作でも二次創作でも個人でサイトを作り、漫画やイラスト、小説なんかを作って活動していました。最近変わってしまったなと思うのはSNSが巨大化・簡易化したことによりサイトを作って活動をしている人が少なくなったということです。漫画や小説特化型の投稿サイトもできて、読む側も一か所にいろんな同人漫画家さんが集まっていることにより見やすくなりました。ですが、あの個人で作られたサイトで伝わってくる製作者さんのスキルというのも私としては捨てがたく、何故かさびしい気持ちにもなります。いまだに残っている漫画サイトさんもあるのですが、気付いたらそこからひっぱりあげられて商業誌に載っていることもあり、時の流れを感じ得ざる負えません。漫画やイラストを描いている方々も自分で管理せず投稿するだけで済むので楽な時代なのでしょう。ですが自分はずっと見る側だったので我儘かもしれません、けれど個人サイトの良さも広まってくれたらな、ともう遅いのかもしれませんが思うのです。

展覧会後、カフェでひとやすみ

外出でたくさん歩く日は、カフェでひと休みするのがほっと一息つけるリラックスタイムです。
先週は電車を乗り継いで展覧会を見に行ったのですが、朝からとても混雑していて、ゆっくり見られたもののトータル2時間くらいの滞在となりました。
海外の絵画で普段は滅多に見られない作品ばかりだったので、思わず見入ってしまうものが多く、特に有名な作品は間近で見られることに嬉しかったです。
けっこうな遠出となってしまったので、会場を出た後、通りがかりのカフェへ入りました。
そのお店はガラス張りの店内はとても明るく、そしてテーブルとソファが混在していおり、ゆっくりできそうと思ったのがきっかけです。
おなかも空いていたので、カウンターのメニュー表でイチオシと表示されていたブレッドとドリンクのセットを注文しました。
マグカップには熱々のラテ、オーバルのプレートにはパニーニ・スクランブルエッグ・ソーセージと少量のサラダがのっており、小腹が空いていた自分にぴったりのメニューでした。
新しくオープンしたのか、店内がとても綺麗だったのと、フリーのWifiで快適にスマホでいろいろと調べることもでき、満足できました。

香水は誰のため?

今日会社に行くと隣のデスクの先輩に、「香水変えた?」と聞かれてビックリしました。確かに香水を変えたのです。去年の秋に買ったキンモクセイの香水がまだ残っていて勿体無かったので4月になっても使っていたのですが、流石に季節外れだなと思ってフルール(フラワーのフランス語)に変えました。そんなにきつくない香水だったので他人に意識されている自覚がなく、ビックリしました。そう伝えると「香水って他人のためにつけるんじゃないの?」と彼は当然のことのように言いました… 。それから同期の女子社員と香水の目的について討論。私たちの見解は…香水は自分のためにつけるんじゃない?に落ち着きました。女性はいつでも美しい自分でいたい生き物です。香水に最も近い存在は自分ですし、その香りに落ち着くからそれを選びます。そしてその結果素敵な男性に巡り会えるんだと信じています。実際のところはわかりませんが… 。しかし私たち2人にはある欠点が…。そう、全く男性受けを狙わずに香水を選んでいるのです。だから香水も自分のためだと考えてしまうのです。こんな調子で私たち2人に春は訪れるのでしょうか…。

上司から学んだこと

今日はとてもハードな1日でした。事態に気づいたのは今朝、取引先からのメールです。うちの会社のある看板商品が在庫切れの状態だから確認してほしいとの事でした。その商品は今シーズンの売り上げを支える大切な商品だったにも関わらず、在庫切れとは最もあってはいけない事です。はじめ事態が読み込めませんでしたが、考えてみるとそれは間違いなく自分のミスが原因でした。その商品も生産を管理するのが私で、書類の桁が一桁足りていないことに気づかずそのまま発注をかけていたのでした。それは私と取引先の間にあるすべての部署に影響があり、頭が真っ白になってしまいました。すべての部署に誤りに行き、会社の倉庫に在庫の確認に行ったところ不幸中の幸い、在庫があり、なんとか取引先の不足を埋めることができました。気がつくと時間は5時。お昼ご飯も食べるの忘れていたらしく、外は暮れていました。上司にこっぴどく叱られ、もう信頼を取り戻すのは無理かもと諦めていたら、急にディナーに誘われました。まだ怒るの?という疑念はありましたが無駄な波風を立てたくなかった私は上司と2人でご飯を食べに行きました。「今日のこと、反省してるだろ。ならもう、気にするな」人より感情的な私に気遣った上司は、それ以降仕事の話はせず、談笑して、その上食事代も奢って暮れました。帰りの電車で一人になったとき急にホッとしたのか涙が止まりませんでした。もう大人だから泣いたらダメなんですけど…。上司に言われた「お前がやらなきゃ誰がやるんだ!なんとかしろ!」という言葉、厳しいけど、今ではどんな状況でも打ち勝てるような、そんな言葉のような気がします。叱るときは叱る、後は引きずらない、そんな上司の姿を見習いたいです。

IQOSに切り替えて一か月ちょっとの私なりの感想。

私は今年の3月の終わりに普通のタバコからIQOSに切り替えました。切り替える前はメビウスのレッドの5ミリを吸っていました。そのタバコも美味しくて気に入っていたのですが、IQOS人気が上昇する昨今。手に入らない人が続出していると聞いていました。そんな中、コンビニでも手に入るようになったと聞いて、IQOSに切り替えようかどうかずっと迷っていたけれど、そんなに話題になるくらいなら良いものなのだろうと、ついに買ってみたんです。

普通のタバコって灰が出るじゃないですか。それに受動喫煙も気になります。私は前髪をポンポンといじる癖があるのですが(上手く表現できなくてすみません)その時にタバコの臭いがするし、服にも臭いがつくしで気になっていたんですよね。

でも、IQOSって初期費用が結構かかりますよね。定価は10980円。私はキャンペーンを利用して7980円で買ったのですが、それでも高いなと思ってしまいました。しかも壊れる可能性があるので、丁寧に扱わねば。

さて、ここからは、IQOSに切り替えてからの私の個人的な感想です。最初のほうは慣れるのに時間がかかったという声も聞いていたのでどうかなと思っていたのですが、私の場合最初からなんの違和感もなく美味しく吸えました。ちなみに、グリーンのパッケージのメンソールを吸っています。

2.4 plusを買ったのですが、ボタンを押してバイブレーターが鳴って、点滅が消えるまでは加熱が完了していませんよということに気付かず、バイブレーターが鳴ってからすぐ吸い始めてしまっていました。どうりで吸った感じがしないわけですね。それを知ってからは、バイブレーターが鳴ってから、ランプの点滅が消えるまできちんと待ってから吸うようにしています。

私はIQOSに変える前は普通のタバコを1本につき3分くらいで吸い終わっていました。IQOSに変えてからも、そのくらいで吸い終わっています。

私はネットで検索するまでIQOSのバッテリーはフル充電につき大体約20本(一箱分)吸えるというのを知りませんでした。ランプ1個につき約5本ですね。私の場合、それ以上持っている気がするのですが、それは私が吸い終わるのが早いからなようです。

ちなみにIQOSに切り替えてからは、普通のタバコは一本も吸っていません。IQOSに慣れてしまったので、普通のタバコにはもう戻れなさそうです。

IQOSは、手入れや充電、ヒートスティックの購入など、少し手間はかかるかもしれませんが私的には気に入りました。ただ、普通のタバコと比べればかなり緩和されますが臭いが若干気になるところですね。それから、前にタバコを吸ってから時間が空いた時によくある、いわゆる「ヤニクラ」もなくなりました。
私の家の近くのコンビニ(結構田舎です)にも在庫があるくらいですから、あなたの家の近くのコンビニにもきっと置いてあるはず。手に入りやすくなったIQOS。キャンペーンで3000円引きですし(期間はずっと延長されているものの、キャンペーンがずっと続くとは限らないようです)ずっと気になっていて欲しかったという方は今が買い時かもしれませんよ。最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

娘の修学旅行

中学3年生の娘が修学旅行に京都・大阪に行ったようです。1日目にバスで京都に行き、清水寺に行き、そこでの景観に感動したようです。娘は名探偵コナンの大ファンで単行本の94巻にその舞台が出てきているので尚のこと行きたかったようです。本人も実際にそこに行くということで非常に楽しみにしていたので本当に良かったと思っています。夜の旅館にも広い部屋でクラスメイトと楽しんだそうです。翌日はユニバーサルスタジオに行き、過去に家族旅行で2回ほど行きましたが、スパイダーマンが一番好きなアトラクションらしかったのですが、現在は休止中らしく変わってハリーポッターに行ったらしいのですが、あまりのアトラクションの迫力に圧倒されたようです。本人はハリーポッターの映画は見たことがなかったので、あまり興味はなかったらしいのですが、スパイダーマンも見たことがなかったはずなので、作品名さえ知っていれば、絶対に楽しめると私は伝えていたのでその通りになって良かったです。修学旅行は学生時代の一生の思い出になります。意外に京都というのは行く機会がありませんので、しっかりと日本の古都京都を心に刻んでいきこの楽しかった思い出を胸に成長していって欲しいです。

娘のバスケ奮闘記

バスケをしている中学3年生の娘がスキル向上の為にクラブチームに通い始めてこの日は3回目の練習に参加しました。過去2回はお客様的な雰囲気が漂っていましたが、いよいよ本格的にコーチからの容赦ないゲキが飛んできました。この日は5人ひと組で4チームに分けられて8分間のゲームを行いました。娘は自慢の攻撃力を生かしてゴールを量産してさらに圧倒的な身体能力を生かしてリバウンドをむしり取り存在感を示していました。しかしディフェンスの面で横をすり抜けられる場面が見受けられました。そのシーンが繰り返されてたまらずコーチがプレイを止めて強い口調でのアドバイスをもらっていました。その内容としては、ディフェンスに移る時にしっかり走っていないこと。そしてプレイに気持ちが乗っていないということを挙げられていました。生まれ持ったパワーがあるので、力勝負になると他を圧倒するので力を抜きながらプレイをしてしまうところがあり、それをかなり指摘されていました。このまま松山止まりの選手になるのかと質問されていいえと答えていましたが、彼女にとってはモチベーションが上がったのではないかと思いいい練習になったと思います。7月には中学総体が控えています。冬の四国は制しているので、夏は必ず全国に行って欲しいです。