おせち料理と年賀状でお正月気分

年末に夫が腰痛で寝込んでしまい、大掃除をほとんどしないまま新年を迎えてしまいました。初日の出も見ていないし、初詣にも行っていません。毎年元旦には夫の実家に行きますが、今年はお正月に行けるかどうかもわからない状態です。2日には私の実家に行きますが、夫婦ではなく私一人で行く予定です。
このように例年とは大きく違った過ごし方をしていますが、それでもお正月気分を味わえることがありました。おせち料理と年賀状です。
おせち料理は夫が寝込む直前に取り寄せてあったので、元旦にいただくことができました。また雑煮も作っていただきました。お正月らしい過ごし方ができない中でも、食卓におせち料理や雑煮が上がれば、お正月の気分が味わえるような気がします。
親族や友人・知人から届いた年賀状も、このようなときには嬉しく、ありがたいものでした。「お正月が来たなあ」と実感できます。その中で特に印象に残ったのは、知人の1人からの年賀状です。年男の知人と、同い年の奥さんと、小学5年生の娘さんの写真が載っていて、「親子で申年」と書かれていました。何とも微笑ましい感じがして、気持ちがなごみます。