頭が痛い。理由はよく分かってる

アセトアルデヒドのせいだ。私が今、頭が痛い理由はそれなんだ。つまり、お酒を飲みすぎたっていうことなのですよ。平日はできるだけ我慢もするのですけど、週末は歯止めが利かない。元来好きなんですよね。だから我慢していた分を取り戻そうとしているんです(たぶん)。飲みすぎたら頭が痛くなったり、気持ちが悪くなったりすることが分かっていても、明日一日使い物のならないことが分かっていてもやめられない。そういうと依存症みたいですけど、精神科の先生が言ってました。依存症って量の多少を言っているのではないそうなんです。量よりは、「たとえコップ1杯、おちょこ1杯、毎日飲んでいる、飲まずにいられない人をいうのだ」と。いわく、休肝日をきちんとつくり、飲まない日は飲まないとして我慢できたら大丈夫なんだって。おお、その基準を併せれば私はアルコール依存ではないということになる。だって、日曜日は飲まない日だし、平日だって我慢している。ただの酒好きじゃん(笑)よかった、よかった、私は大丈夫。だからといって我慢した分を週末に回収してやろうとする、私がイイことをしているとは思わない。現にこうしてアルコールとアセトアルデヒドの攻撃に遣られているのだから。ただ、週末の酒よりやめられないものがある。平日休みの昼からビールだ。なぜおいしいんだろう、皆が働いているときに飲む酒。これからは、頭がいたくならないように飲まなくちゃ。あーっ、頭いたい。