いきなり仕事開始!

あけましておめでとうございます。
新年あけて早々仕事はじめです。
今日は初日の出見に行っておせち料理を食べた後に初詣に行きながら写真撮影の仕事をしてきました。
「正月早々仕事っておかしいだろ!お正月くらい仕事休め!」なんていう人もいるでしょうが、稼がなきゃ収入が無いのもフリーランスですよ。
なので、新年早々から仕事をしているわけです。
もちろん今年のお守りも「商売繁盛」
(今年は仕事で資格試験受験するから合格守りにしようかなと思ったけど、ここはあえて「商売繁盛」にしておいた。あくまでの仕事のために受験するわけなので。)
正月早々からしっかりと仕事をしているわけだから仕事運もいい方向になってほしいなと思っています。
お正月早々から遊んでいるわけではないですから、仕事運くらいはいいようにしてほしいです。
お正月といえば遊びに出かける人もいますが、この時期はとんでもなく混んでいるし、デパートも初売りで混んでいるのも目に見えているのでここはあえて自宅で仕事をしているのです。

上司から学んだこと

今日はとてもハードな1日でした。事態に気づいたのは今朝、取引先からのメールです。うちの会社のある看板商品が在庫切れの状態だから確認してほしいとの事でした。その商品は今シーズンの売り上げを支える大切な商品だったにも関わらず、在庫切れとは最もあってはいけない事です。はじめ事態が読み込めませんでしたが、考えてみるとそれは間違いなく自分のミスが原因でした。その商品も生産を管理するのが私で、書類の桁が一桁足りていないことに気づかずそのまま発注をかけていたのでした。それは私と取引先の間にあるすべての部署に影響があり、頭が真っ白になってしまいました。すべての部署に誤りに行き、会社の倉庫に在庫の確認に行ったところ不幸中の幸い、在庫があり、なんとか取引先の不足を埋めることができました。気がつくと時間は5時。お昼ご飯も食べるの忘れていたらしく、外は暮れていました。上司にこっぴどく叱られ、もう信頼を取り戻すのは無理かもと諦めていたら、急にディナーに誘われました。まだ怒るの?という疑念はありましたが無駄な波風を立てたくなかった私は上司と2人でご飯を食べに行きました。「今日のこと、反省してるだろ。ならもう、気にするな」人より感情的な私に気遣った上司は、それ以降仕事の話はせず、談笑して、その上食事代も奢って暮れました。帰りの電車で一人になったとき急にホッとしたのか涙が止まりませんでした。もう大人だから泣いたらダメなんですけど…。上司に言われた「お前がやらなきゃ誰がやるんだ!なんとかしろ!」という言葉、厳しいけど、今ではどんな状況でも打ち勝てるような、そんな言葉のような気がします。叱るときは叱る、後は引きずらない、そんな上司の姿を見習いたいです。

思ったよりハードなバイトです

今日も疲れたなぁ。今月から来月末まで短期のバイトに行っています。場所は地元の大学で近いので自転車で行っています。派遣会社からのバイトなので時給が高くて嬉しいです。ただ理学部の科研費の申請というバイトにしてはけっこう責任のある仕事で締切などもありけっこうハードな毎日です。誰でも出来ます的な掲示だったのでいいかなと思ったのですが、初心者はわたしともう一人の方だけであとはリピーターさんでした。教えてもらえるのでありがたいのですが、慣れるまでけっこう時間が掛かりました。それにしても、昼休みの時間が早くて11時半から1時間のお昼休みは珍しいなぁと思いました。午後からの時間が長過ぎます。17時半に終わるのでなんと5時間もあるんですよ。最初の1週間はあまりやることがなかったのに最近はさすがに申請が多くなってきました。学内の締め切りは過ぎたのですが、先生たちも毎年の恒例行事?なのか、少しくらい過ぎても大丈夫と分かっているんでしょうね。とりあえず周りに取り残されないように頑張ってこなしたいと思います。そしてバイトが終わったらゆっくり年末を過ごそうと思います。